大阪相続弁護士に相談

大阪の相続弁護士に相談したい方向け。

多くの人が経験したことがなく、はじめて経験することは
多くあると思いますが、相続の問題もそのひとつではないでしょうか。

 

相続とは、通常民法に定められた法定相続人が
財産を相続することを基本としています。

 

ただ遺言書によって法定相続人以外の人間を相続人とすることもでき、
遺産分割も定められた分配以外にすることもできます。
遺言書はトラブル回避や遺産の相続をスムーズにすることができます。

 

ですが、きちんとした書式やルールに則っていないと
無効となってしまい、故人の遺志が無駄になってしまうというい
結果になってしまうこともあるんです。

 

なので、遺言書を残す場合はきちんとしたルールに則って、
書き残す必要があります。ですのでプロに相談するのがオススメ。
大阪には相続相談にのってくれる弁護士がいます。
気軽に相談に乗ってもらえますので、一度ご覧になってみてください。

 

 

遺言書には実はいくつかの種類があります。
「自筆証明遺言書」は一番気軽に書くことが出来る遺言書。
承認が必要ないので、法的に有効にならないケースもあり、
トラブルに発展しやすいんです。

 

「秘密証書遺言」は亡くなるまで他の人に内容を知られません。
公正役場で証人の2人と同席し、作成します。
証人は同席のみで内容を知ることはありません。

 

「公正証書遺言書」は法的にも一番効力がある遺言書になります。
公正役場で公証人と、証人2人に同席してもらい作成します。
公証人が原本を保管するので偽造や紛失の新倍がなく、
信憑性も高いのが利点です。

 

証人には、第三者が好ましいと言われています。
なので守秘義務のある弁護士に依頼をされる方が多いんです。
遺言の内容次第では相続のトラブルも起きかねないので、
それらの対応も含め、弁護士に依頼されるパターンが多いようです。